勃起の仕組みについて知る | 媚薬ではありません!ED治療薬バイアグラについて

勃起の仕組みについて知る

白と黒のカプセル

バイアグアラのED治療薬としての側面を知るためには、まず勃起の仕組みについて知る必要があります。
勃起とは、脳が性的な刺激を感知し、それが男性器に伝わるという流れで起こります。もう少し具体的に紹介すると、脳が性的刺激を感知すると、それが神経を通って男性器まで伝わります。
この伝達によって男性器の血管が拡張されて、大量の血液が男性器に流入するようになります。男性器の中には海綿体というスポンジ状の組織があり、そこに大量の血液が集まることによって男性器が膨張するのです。
要するに、男性の勃起とは血液が集中することによって生じるので、勃起を強くしたり、持続時間を長くするには血液の量が重要になってきます。
ゆえに媚薬を飲むことによって性的な気分になれば勃起が生じることはありますが、それによって勃起が強化されることはありません。また、精力剤を飲むことによって勃起が強くなることもありません。

EDは精神的な理由で勃起ができなくなると考えられがちですが、実は勃起不全のほとんどが血管の異常によって血流が滞ってしまったことによります。
例えば高脂血症や動脈硬化など、生活習慣によって血管がダメージを受けていると、それが原因でEDになってしまうのです。
これらの症状を改善するためには、ED治療薬としてのバイアグラが必須になります。バイアグラ以外にもレビトラ、シアリス、カマグラなどの医学的根拠に基づくED治療薬は勃起を強化する役割を持っていますが、血管について作用しない薬は勃起を強化する作用がないという風に覚えておくと良いでしょう。